転職アカデミー

プロの採用請負人が伝える転職のコツ

未経験でも外資系に転職できた話。【外資系転職に強いおすすめエージェント】

こんにちは。

今日は、実際に私が転職で使ったエージェントの中から、特に外資系の転職に強いおすすめエージェントを4つご紹介します。
私の転職で、未経験から外資系への転職を叶えてくれたり、年収を300万円台から400万円台へと押し上げてくれたエージェントが含まれています(^^) 

また、私はいつも採用担当として着任すると、15社以上ある契約済みエージェントから、成果・実績によってトップ5に絞り込み、その上位5社とのみ仕事をします。以下のエージェントは、これまでいたどの企業でも上位5社に残る実績の持ち主でもあります。

採用に至るケースが多い=案件を依頼される=案件数が多い。
 
という図式。そしてこれが現実。
では、おすすめ順にご紹介していきます! 

1. JACリクルートメント

コンサルタントの質と、案件の質でダントツ1位。
なかでも、管理部門、営業に強いね。
トップ5の中でもいつも上位2位までにいます。 

◆登録はこちら(公式サイト)◆ 外資系企業への転職なら JAC Recruitment

実は、私の外資系就職への道を開いてくれたのもJACなのです。
当時、ワーキングホリデーから帰国し、故郷・三重県に住んでいたご縁子。英語力は手に入れたものの、田舎の三重県で英語が使える外資系企業を見つける方法がなく途方に暮れていました。その時に出会ったのがJACです。さっそく「三重県外資系で英語が使える、人事か総務の仕事がしたいです。(´∀`*)」という、無茶ブリを・・。

当時は知らなかったのですが、三重県にはまず「外資系」の数が非常に少ない。(あっても工場くらい)  その上、人事・総務というのは本社機能なので、東京や大阪といった都会にあるのが常識。そんな中、見つけてきてくれたんです!「三重県外資系・人事」のポジションを。JACのおかげで、それまで日系企業でしか働いたことのない私でも、外資系企業へと転職することができたのです。ワーキングホリデーで培った英語力を実践で使う機会を得ることができたのも、この転職のおかげです。 

2. エン・ワールドジャパン

ここも非常に優秀ですね。
どの業界もマルチにカバーしているのが特徴。
職種は営業、コンサルタント職、管理部門に強い。

◆登録はこちら(公式サイト)◆外資系企業の転職・求人エージェント|エンワールド・ジャパン - en world

私の年収を「380万→460万」にあげてくれたのもエン・ワールド。
また、入社までのフォローが手厚い。
奥様から転職を反対されていた候補者のために、説得用のシナリオを書いてあげたり、私も内定後、引越しをしたのですが「引越し後、困っていることはないですか?」と連絡をくれ、「物干し竿を買いにいきたい」と言ったら車を出してくれたりしました(涙)
これは担当さんによりますので、必ずやってくれるわけではありませんが(笑)どれほどフォロー力があるかを語るエピソードとしてお伝えしました。(^^)

3. ヘイズ・スペシャリス・リクルートメント

イギリス系の大手人材会社。イギリス版リクルートと言えばわかりやすいでしょうか。そのため外資系企業の本社から信頼が厚く、特に金融系の企業と強いパイプラインを持っています。
強い業界は、金融、製薬企業、次いでIT。管理部門、マーケティングコンサルタント、IT企業のプリセールス職には強いですね。 

(公式サイト)ヘイズ・ジャパン グローバル、バイリンガル人材・外資系企業への転職をサポート
 
ただ、担当者がほぼ外国人なので、英語でのコミュニケーションになります。英語での意思疎通が可能な方にはおすすめ。

 4.タリスマン 

タリスマンは上記3つに比べてITエンジニア職に強いのが特徴。
こちらも最近は外国人の方が多いので英語でのコミュニケーションになるかと思います。

(公式サイト)タリスマン株式会社 | バイリンガル人材、グローバル企業への転職は、タリスマンにお任せください!


以上、外資系未経験の私が希望通り外資系に転職できた話と、外資系転職に強いエージェントのご紹介でした!