転職アカデミー

プロの採用請負人が伝える転職のコツ

【転職】こんな履歴書・職務経歴書は嫌だ (2/2)

 

 前回から引き続き、今日も、毎月300件以上の職歴書に目を通しているご縁子が、採用側から見た「こんな職歴書は嫌だ」をお届けします。

 

 前回記事はこちら。

www.cashup.biz

 

 

f:id:goenko:20200713142208p:plain

・ひらがなが多すぎ、または漢字多すぎ。

とにかく平仮名が多くてですね、小学生が応募してきたのかなぁ、って思うときがあるんですよ。あるいはこの逆で漢字を密に多用する方。
どちらも読みにくい!
 
平仮名多用の例
とにかく平仮名がおおくてですね、小学生が応募してきたのかなぁっておもうときがあるんですよ。
さ、どうでしょうか?
平仮名が多すぎると読みにくい上に、稚拙で頭が悪く見えますよね?
 
漢字多用の例
或いはこの逆で、漢字の大量使用により視覚撹乱及び脳内困惑を発症させる危機的職歴書を稀に散見します。
 うー、文章後半、読むのが辛い。。
これを修正すると
あるいはこの逆で、漢字を優先して大量に使用することにより、視覚が撹乱したり、脳の困惑を引き起こす危ない職歴書をまれに散見する。
どうでしょうか?
文字数は増えますが、読みやすくなったし、意味も通じやすくなったのではないでしょうか。アカデミックなタイプに多いですが、漢字の乱用も避けた方が良いです。
 平仮名と漢字の配合はバランスよく!
ちなみに、最近、取引先からのメールで「ご縁子さま」って「様」を平仮名で送ってくる人めっちゃ多いんやけど、なんで!?これもすごく違和感感じる。・・昭和でごめん。

・句読点がない、または多すぎ

これもまたとても多いのですが、頻繁に句読点を打ちすぎて、文章がスムーズに入ってこないんです。逆に句読点が少なすぎて、もうどこで区切ったら良いのやら分かりづらいって文章もよく見ます。

・改行や箇条書きを使いこなせていない。

変なところで改行されてて読みにくい。
全てを文章の中に組み込んで書いていて読みにくい。
 
例えば
Wordで表の作成や差込み印刷ExcelでVlookupやピボットテーブル などを使用した経験があります。

 よりも

パソコンスキル
 ・Word (表作成、差込み印刷
   ・Excel (Vlookup,ビボットテーブル)
とした方が一目瞭然で読みやすいですよね。
改行や箇条書きを効果的に使いましょう。

・誤字脱字が多い

これはもう、「出直せ」というレベル…
昨今のメールのやり取りとか、プロの書いた記事とか見ても、誤字脱字が多くてびっくりする今日この頃。みんな、ちゃんと読み直そう?
 
<まとめ>
職歴書は料理屋でいうところの、「メニュー」です。「うちはこんなメニューがあるんですよ。」と、自分のスキル、経験を明示するもの
 
メニューが分かりづらいと、「結局何屋で、どんな料理をおいてるの?」というのが伝わらなくて、選んでもらえない訳です。
同じように「結局、あなたはどんなスキルを持っていて、何ができるの?」が伝わらないと選ばれない。
  
せっかくのキャラも語りたいほどの経験や哲学も、面接に進めなければ伝える機会を得られません。なので、「職歴書」は読んでもらいやすいように、事実ベースで整然と書くべし!
(業界によってはキャラモロ出しの経歴書が通るかもですが、一般的には整然と読みやすく、伝わりやすく、が肝心です!)
 
以上、こんな履歴書は嫌だ、でした。
 
次回、具体的に「読まれる経歴書」の作成方法をアップしたいと思います^ - ^